西寧
 

ゴルムドに行くための経由地だけではない!

 HOME  BBS(旅する掲示板)CHAT(旅するチャット)


クリック
DSCF0228.JPG (91533 バイト)

列車駅


クリック
DSCF0302.jpg (52405 バイト)

民族賓館
電梯小姐

 おそらくここに長く滞在する旅行者は、とても少ないだろう。ガイドブックに載っている観光地は青海湖やタール寺くらいで、その先にはチベット自治区があるのみ。
 ゴルムドからチベットに行くのは費用や手間を考えると成都から飛んだ方が効率的なのでやはりこの町は敬遠されるだろう。
 しかし、この青海省こそ、中国辺境部の穴場中の穴場なのだ。特に青海南部は地形が素晴らしい。青海的な草原とチベット的な岩山と雪山がミックスされ、他ではなかなか見ることのできない雄大な風景が広がっている。
 そういうエリアを回ろうとするときにベースとなる町が、ここ西寧なのだ。
 西寧は、チベット族とイスラム系少数民族の多く住むエリアで、レストランも豚肉を使わないモスリム・レストランや屋台が多い。市内には、去年建築中だった博物館が、2001年すでに完成していた。この博物館は、日本人がその建設費のすべてをだしている。80歳を超えた老人で戦時中西寧の上空を飛んだことがあるそうで、詳しい経緯は分からないが、5000万ほどの建設費を寄付しているのだ。博物館前の広場は公園風になっていて、夕方からたくさんの人が集まってダンスや夕涼みなど、それぞれの時間を過ごしている。その日、公園前は、なにやら飾り付けで大勢の人が集まっていた。聞けば、明日、共産党50周年の式典があるという。


クリック
DSCF0231.JPG (95144 バイト)

中国はいつも工事中!


クリック
DSCF0423.JPG (748792 バイト)

共産主義的祭典
共産党50周年


クリック
DSCF0420.JPG (739579 バイト)

出番前の踊り子さん!


クリック
DSCF0261.JPG (87376 バイト)

名物「烤羊肉」

 HOME  BBS(旅する掲示板)CHAT(旅するチャット)

 

© 2000-2006 OSAKI MANABU.
All rights reserved.